メイン | 2006年3月 »

2006年2月28日

そういえば

明日は、父の誕生日です。

正確に言うなら戸籍上2/29なので、

今年は誕生日が有りません


小さいころは、いつ「おめでとう」と言っていいものか迷ったものです。

ま、絶対忘れられないというメリットはありますが。


今年で57歳ですね。





生きていれば。

私は今年で、あなたが父親になった歳になります。


家庭とは縁遠くはありますが、
頑張って生きていますよ。

仕事の話とかしながら、
一度飲みたかったですね。


あなたが残してくれた言葉は今でも大事にしています。

「人の痛みがわかる人になれ」


ま、なかなか実践は難しいですが。

もう少しで命日です。

その時、いっぱい語り合いましょう!


・・・、今日はしんみりブログでした。

にっしー

2006年2月27日

忙しい時にホームページを見て思った事

年度末の三月が近づいてきました。
わが社の年度末は、
地獄です。

なんか、重なるんです。お仕事が・・・。

そんな、バタバタと忙しい時に探し物でホームページを色々見ていて思った事。

いらいらしているくらいのせっかちな人が情報をすぐ見つけられないホームページって駄目かも・・・
(自己正当化なのは分かってるけど)

あるサービスを色々検索して価格や内容を比較していたのですが、「君たちがすごそうなのは分かった。でも、ポイントだけ書いたページを作ってくれ、頼む!」という気持ちになりました。普段はじっくり読んでも苦にならないんだけど。

「ぼくはこんなサービスをやっているよ。特長はこれ。なぜこんな特長にしているかというと、これこれこういうメリットがお客さんにあるからさ。ついでに、価格はこれとこれ。プランが3つくらいあって、それぞれの特長はこうで、こんな人向きのサービスだよ。」

って書いてあったら、ほんとに楽。

B to Bのサイトにいいかもと思いました。
あ、うちのホームページもB to Bだ。
4月になったらうちのホームページもなおそう、ね。

川向

2006年2月25日

沖縄

こんにちは。

ゆうべは部長と沖縄料理を堪能してきたねーさんです。

うまかったなー。
バイキングだったのであれもこれも食べたくて調子にのって、無意識のうちに
部長と健啖を競っちゃったな。
沖縄料理って、よく「長寿食」とかいってすごい健康によさそうなイメージだけど、
食べ過ぎたら意味ないんだろうな。

『デブ、いっちょあがりー!』


沖縄って確かちょっと前のニュースで日本一の肥満県とか言ってたような…
ガセネタだったらごめんなさい。
だって海馬がイカれてるから(*^-^*)

ねーさんは去年の夏の終わり頃、2泊3日だけど沖縄に行ってきたのです。

これがまた楽しかったのです~~~♪

沖縄に着いた時から沖縄を発つ時まで、頭の中はずっと奥田民生の『休日』が
流れている感じ♪
どこに行って何したとか書いてもつまらないので割愛しますが、ほんと、よかった。
でもひとつだけいまだに謎なのが、現地のタクシードライバーに
『お客さん、仙台から?』
って言われた事。


『…だっちゃ』とか『んだ、んだ』


とか言ったか?とか思ったけど、言った記憶ないしな。
もしかしたら仙台からずっとつけて来たのか?などと鬱を患ってる方のような妄想に
とらわれたりしながら、『何でわかるのですか?』と不自然な標準語で聞いたのですが
教えてもらえませんでした…


まぁ、そんなことはどうでもいいからまた行きたいなー。

でもさ~、沖縄に行った後があまりいいことがなくて、もしかしたら重大な過ちを犯して
きたのかと心配になっている今日この頃なのであります。

負けた甲子園球児みたいに砂を持って帰ろうと、涙を一すじ流しながらエメラルドビーチ
の砂をペットボトルに詰めている時に誤って龍脈を切断してきた、とかね。


禍福はあざなえる縄のごとし。

いつか幸せがくるのだろうか?


今回もおもしろくないブログで御免なさい(T-T)

2006年2月23日

部長の酒にまつわる話 PART2

目には目を、歯には歯を
歩きタバコには火あぶりの刑を


みなさんこんばんは、 禁煙してから2ヶ月経つザ・ニヒリストこと
エスエムティの部長です。
どーもどーも。

「よく禁煙できましたね?また吸いたくなりませんか?」と
たまに訊かれますが、全然大丈夫です。


愚問です。私を誰だと思ってるんでしょう。


禁煙のコツとは?
カンタンです。
タバコを吸うことを忘れるだけです。
いや本当に。


かといって禁煙したからその浮いたお金を貯金して…
などという吝嗇な考えは毛頭ございません。
小銭を貯める人間には小銭しか入ってきません。


禁煙失敗して悩んでる方がいらしたら、
是非部長までご相談ください。








いやいやいや‥‥
…それにしても、blogのために残業とはこれ如何に?


腹いせに「愛のカマスートラ48バージョン 部長エディション」とか
「ぶっちゃけトーク・うちのお客さんの実態」とかとかのネタを暴露して
もうblogを続けられないように仕向ける事も考えましたが、
blogはもとより、会社を続けられない気がしたので自重することにしました。
はい。


さて、酒ネタですが、昨日もメガネ…じゃなかった、専務に泣きついて
まだまだ仕事があるのに早めにあがらしてもらい
ねーさんと一緒に居酒屋に行きました。


もうそこは顔なじみの居酒屋さんなので
席につくなり飲み放題のメニューを持ってきてくれる良い店です。
混んでてカウンターしか空いてなくても
テーブルや座敷があれば後でそちらに席を用意してくれます。
アリガトウ


ちなみに、部長とねーさんの飲むパターンはこんな感じです。




( ・∀・)「お先にお飲み物のご注『生2つで』(`A ')


( '-`)「グラスとジョッ…『ジョッキでっ!』(`A ')


(; 'A`)「焼き鳥は塩とタ…『塩でーーーーーー』フンガー(`A ')/ダレニクチキイテンダ ゴルァ


PA0_0000.JPG


と、まあ、とにかく飲んでる時は至福のひとときです。

健康のために毎日飲みます。居酒屋に行かない時は家でのみます。
「肝臓大丈夫?」と心ない人たちは質問しますが、
健診の結果は部長とねーさんは、
体重を抜かせばエスエムティの1、2を争う優良なものです。

たまに残業で疲れてお風呂入ってすぐ寝ようと思って、部長のマミーが勧めるビールを断ると

「どこか具合悪いの??」


と心配されるので仕方なく飲みます。

いや本当。








さて、先週の続き 
‥‥と言っても誰も読んでない、も
しくは記憶してないのでどうでもいいですが、
部長はお風呂で寝る悪い癖があります。

やはり悪い事はいつか露呈するもの。
部長のダディーが扉の向こうで気づいてしまい、
小言を頂戴し平謝りするハメになりました。

風呂で寝ているのがバレた次の飲み会の帰り、
テーブルにはダディからのメモがありました。


そのメモとは…!!


続きは来週です。
メモとった写メを忘れてきてしまいました。

のばす部長

2006年2月22日

エイリアンVSプレデター

つい先日DVDで、『エイリアンVSプレデター』を見ました。

もともとエイリアンもプレデターも大好きだったので期待に胸を躍らせて鑑賞しました。


ご存知の方が多いとは思いますが念のため。
エイドリアンとラブレターとかじゃあないですよ(笑)


エイリアンwikiはこちら

プレデターwikiはこちら


内容としてはプレデターの成人儀式がエイリアン狩りといったちょっと微妙な内容です。

感想は正直、

うーん・・・・・( ´ω` )

・・・・でしたね。どっちも映画のメインを飾れるほど素晴らしいスーパースターなんですけど。

思ったことは、どっちも個性や主体性が強すぎるとマッチングするのが難しいなあと。

ヒーローとヒロインとか、正義の味方対悪者みたいにはっきりとした役の区別
(強弱感というか、、、)ができていれば全体を見ても反発する箇所はないのでしょうけど、
どっちも俺が主人公だ、みたいな感じだとうまくいきませんね。

そんなことを思いつつ、コラボレーションってのはほんとに難しいものだなと思い返しました。
会社でも、そう。ホームページでも、そう。


会社でも俺が主役だ、主役!では周りとの協調も図れない


ホームページにおいても特にPRしたい商品・サービスなんかが2つも3つもあると、
まとまりがなくなって何を伝えたいのかさえわからなくなる。

二兎を追うもの一兎も得ずまではなりませんが、なんにせよ、コラボレーションにはかなり
繊細なサジ配分が必要ですね。


「各々惹く所で惹いて引く所で引く」といったところでしょうね。


こんな格言があります。


kabuki.jpg


だが、それがいい
~花の慶次










前田慶次というのは派手、珍しいもの好きでいつも変な格好をして歩いていた歴史上の歌舞伎者です。
簡単に説明すればそれこそ服やら頭髪やら全て強調した派手派手の人間です。




「そんな人だったらエイリアンVSプレデターみたいな色モノがいいっていうんじゃあないの?」



いえいえ。色モノではこの方から納得した答えは出てこないんですね。
それこそ昔の言葉でいうならば、ワビ・サビを知り尽くした人物です、
一見まとまりが内容に見えて実は物凄く考えられて構築されている。

かっこいいですね~、自分もこんな高みまでいってみたいもんです。


でも・・・・・・


ワビ・サビ理論で考えるとエイリアンVSプレデターも物凄く
考えつくされた上でコラボレーションされている・・・・・・・

そういったことになりますよね~

まあ、そんな難しい事を言っても大勢論からいえば見てくれる人全てに
伝わらないとしょうがないですよね!

そんな、見る人に伝わるホームページを制作するのが株式会社エスエムティです!

わかりやすくが一番です!


今日は物凄くわかりにくくて伝わりにくいしまとまりがない  ひらりん

2006年2月21日

What kind of music do you like?

好きなもの、嫌いなもの、
どちらを聞けばその人がわかるのでしょうか。

やはり、好きなものでしょうか。

これから仲良くなるかもしれない、
そう思う人には必ず聞く事があります。

「あなたはどんな音楽が好きですか?」


10年近くバンドをやっていたからでしょうか、
私にとってこの質問が、その人を理解する一番の近道です。

昨年、行った「お見合いパーティー」でももちろん聞きました。


その人の「素」が垣間見れる気がします。


ちなみに私は、60年代、70年代の音楽が大好きです。
邦楽、洋楽問いません。

ハッピーエンド、シュガーベイブ、赤い鳥、青い三角定規。
ビートルズ、ビーチボーイズ、ローリングストーンズ、スモールフェイセズ、ロネッツ、キンクス、フー。
クラプトン、ジミヘン、ビル・エバンス・・・。

まだまだ、沢山でてきます。


最近は、フランツ・フェルディナンドを聞いてます。

アズティック・カメラとブラーを足したようなバンドです。
UK音楽が好きな人にはオススメです。


つらつらと、書いてみましたが、
最後に一言!

NO MUSIC,NO LIFE!

2006年2月20日

直感と適当さ。

今日、不動産関係のホームページを見ていたのですが、(一応、仕事です、ほんと・・・)ページの上の方のタブをボタン名もちゃんと見ないで(小さくて見れなかったので)右から順番に押して、必要な情報あるかなぁ、とそれはそれは大雑把に見ていました。

ふと我に帰った時に思った事。

「情報探すときって、本当に適当にクリックしているよなぁ。我ながら・・・」

その我に返ったシチュエーションが面白くて、そのホームページのTOPページに何が載っていたか思い出そうとしたけど・・・
「全然思い出せない!」


ええと、なんか、不動産の物件を鑑定するスペシャルチームのホームページ・・・


という、ボキャブラリーもサル並みのなんとも頼りない記憶だけです。

自分でいうのもなんですが、こんなユーザーに物事を伝えるのですから、やっぱり大変ですよね。

最近、ホームページのTOPページについて思うのは、目次という整然とした位置づけではなく、「もー、これだけは見てね」というのをこれでもかとばかり強調した方が見やすいのではないかなぁと思います。

ホームページに来るお客さんは、面倒くさくなると、自分がやりたいように操作すれば、必ずや自分が知りたい情報にたどり着けるという信念を持ってバシバシ直感でリンクをクリックしていく。
決して、整理された目次を上から見たりしないし、整理されすぎていると結局面倒くさくなって、やっぱりとりあえずどっかクリックする。

見てる人がこんな状況に陥らず、ちゃんと読んでもらうには、どうしたら良いのでしょう?

今、そうかなぁと思うのは、やっぱり強力なキャッチコピーを使ったコーナーがTOPページの一部にあるといいですよね。
単純明快な、だれでも、「ん!?」と思うような・・・。
「値段が安い」
「今ならこんなにお得」
「この商品でお客さんがとってもスペシャルな体験をした」
「きれいになれる」
「頭が良くなる・・・」

これらは極端な言葉ですが、バタバタとホームページを作っているとどうしても忘れがちになってしまうものです。(自分へのいましめをこめて)
差別化が難しい商品やサービスもあるので一概にはいえないのですが、こういう当たり前の事を忘れないでホームページを作らなきゃなぁ、と思いました。

川向

2006年2月18日

チケット

こんばんは。


今日は専務が部長と私にシュークリームをご馳走してくれました。
美味でした♪
上機嫌のねーさんです。


その時、ついうっかり口をすべらせて

「どんな仕事でもやらせていただきます!」

と言ってしまったのです( ̄□ ̄;)!!

とはいっても、ご無体なことをおっしゃる専務ではないのですけれどもね。

言った後、部長と青くなったり赤くなったりしておりました。

ちなみに、基本的に土曜日は私一人の勤務なのですが、今日は専務と部長も出勤でした。
久しぶりに楽しい土曜日だったな♪
ああ、よかった。


と、今日はこれで終わりにしたいところですが、これではあんまりなのでもう少し書かせていただきます。

私には目に入れても痛くないほど(痛そうなのでまだ試した事はありません。もしそんなことをしようとしたら二人が困惑するでしょうね)、かわいい姪(まおちゃん)と甥(りおくん)がいるのですが、この二人を溺愛しております。
もう、二人と一緒にいる時の私は相好崩した好々爺って感じです。

今回はまおちゃんとのことをちょっとだけ…

まおちゃんは今小学2年生ですが、生まれた時からいつも一緒にいたせいか、私の大好きな「東京スカパラダイスオーケストラ」が大好きなのです。
一昨年のまおちゃんの誕生日の前の日に、Zeppでライブがあったので、お誕生日祝いに連れていきました。
もうそれから仙台でライブのある度に一緒に行くようになったのです。
といっても、まだ2回ですが。
今年も3月4日にライブがあるのですが、うっかりチケットを買うのを延ばしていたら、チケットぴあではなんと、

「売り切れです」

と、無情なお言葉(T-T)


楽しみにしているまおちゃんにその事を伝えると、悲しい顔で


「じゃあ、まおはその日どうすればいいの?」


「わたしもどうしたらいいのかわかりません」とも言えず、


「なんとか頑張ってみるよ」

と、苦しい返事をしたのです。

メールで問い合わせたところ、まだ連絡なし。

「なんとか」なるかなぁ。
やっぱり早くファンクラブ入ったほうがいいのかな。
年齢制限とか素行調査とかないよね・・・


帰巣本能が出てきました。
今日はこのへんで失礼致します。

2006年2月16日

部長の酒にまつわる話 PART1

生まれ変われるとしたら、
ショーン・コネリーになってボンドガールに胸毛をいぢくられたいと
ささやかな野望を抱いてマウスを握り締める毎日。

どもども、みなさん、
カーリングってなんでオリンピックの競技に認定されているかが分からない、エスエムティの部長です。


冗談かと思ってたら、本当にBLOGが続いてるみたいで
やだやだ言いながら2回目になってしまいました。


部長は世の中の事に興味がないので、ネタに困ってるんですが、
無類の酒好きなので、
今回はお酒に関する話題でもしようかと思います。




私の唯一の楽しみはお酒です。



あーそーです、それが何か?


と逆ギレしても仕方ないので続けます。


会社でアホだうるさいだ(特に専務 → (`Д)/ゴルア-ブチョ-)罵られても、
お酒があればすべて忘れ去らせてくれます。


本当に。

夕べの記憶もございません。




普段飲むのはビールです。量はこんなものです。

060216_0818~0001.jpg


かわいい部下にも部長の嗜好をわかって欲しいので、
よく仕事中に
「おい、ぴのっち、ビール買ってきてくれないか」
と頼むのですが、
「わかりました、ドライのロング缶ですね?」
などとは答えてくれません。


これは教育不足です。



完璧にみえる部長でも、やはり人の子。
酔うとお風呂の中で寝てしまう悪い癖があります。

そして、ついに部長はお風呂で‥‥!!!




この続きは来週に。
今日は仕事がハンパじゃなく多いのです。
正直ブログどころではありません。

ではでは。





****** 追記 *******
昨日の飲み会の後、ジャケットを
どこかに忘れてきたのをお昼に知りました。
反省。

2006年2月15日

舵取りに一生懸命でガソリンを切らしてはいけませんか?

ごはんは好きですか?
今日はめしのはんだやに昼食を食べに行ってきました。
はんだやWikiはこちら


この前財布を紛失したかわいそうな自分にとっては、この安さは感涙ものです。本当に助かります。

仙台では昔から名の知れた大衆食堂。
”えさのはんだや”という愛称でも親しまれていました。
まあ、その言い回しがいいのか悪いのかは別にしておきます。


「人間には二通りの人間がいる。はんだやに行く人間と、はんだやへ行かない人間だ。」


こんな格言まで生まれたもんです。

昔ははんだやといったら、安くておなかいっぱい食べれるが
客層といったら土木工事のおじさんやお金のない男子学生ばかりでした。

ところが最近は若い女性の方も多く見かけるようになってきました。

理由としてははんだやが小奇麗になり、メニューも大雑把、
大盛からバリエーション豊富で食べやすい量で選べることになったからでしょうね。

うーん、、、一言で表すと”今風”って事なのでしょうね。

つまりは時代のニーズに合わせた経営戦略ですか。
成功している感じです。

”安い”のコンセプトを活かしつつ、
ターゲット層を広げたってのはすごいことだなあと、感心します。

”今風=時代のニーズを読み取り、表すこと”
そう考えると簡単に今風って言葉も使えませんね・・・・。

時代が変わればニーズも変わる。ニーズが変われば戦略も変える。
会社を船に例えると・・・いつまでも大航海、舵取りは必要になってきますね。

ホームページ制作でもよくお客様に言われるのが、


”今風のホームページにしてくれ”といった言葉です。


お客様が今風って言ってることって大体デザインの部分なんですね。
確かに綺麗で今風のデザインは必要です。
優秀なデザイナーさんにお願いすれば素晴らしいモノを作ってくれます。

大体のお客様はデザインで満足します。

でも、、、肝心な部分が抜けてはいませんか?

文章部分こそ今風を計らなければいけません。
まあ、、、文章で今風っていうのも変な感じがしますが。

うーん、文章においては見せ方って事ですかね。
抽象的?具体的?どんな表現がいいのか?

昔は四字熟語的な一言の言葉で表すのがカッコいいといわれていた
時代もありますし、今では詳細な説明があった方がいいよ、
いやいや、見出し程度で客引きした方が良いんだよ・・・・等々。

ライティングってほんとに難しいなあ、って思います。
書きたいことだけ書いたって伝わらないですから。

今風を捉えるのに、つまり、ニーズを満たす為の適切なライティングを考える。
最近試行錯誤しているのですが、、、


ちょっと考えすぎなのかなあってふと思いました。


はんだやの根底には”安い”があって、
船の舵取りは今風に変えれども根底であるエンジン部分は同じなんですよね。
最近、あんまりあれやこれや考えるうちにメインコンセプトを忘れそうになっていました。

なんでも今風、今風っていっても表面だけで中身がついていかないようでは駄目ですね。

まずは基本を大切にします。初心忘れるべからず。

舵取りに懸命でエンジンが停止しそうなひらりん

2006年2月14日

そろそろ卒業シーズンです

こんばんは。にっしーです。

あ~、今日はバレンタインデーですか。
そうですか。
漢字で書くなら、


罵煉多陰…


そんな私に救いの手を差し伸べてくれた、
弊社女性社員と取引先の方が今日ほど、神々しかった事はありません。
いや、ホント。
いただいたチョコはありがたく家でいただきます。
大の甘党なので、人の3倍くらい喜んでいただきます!

giri.jpg

さて、そろそろ卒業シーズンも近くなってきました。

実は私、今年度宮城文化服装専門学校様でマーケティングの講師をさせていただいておりました。

昨日はその最後の授業として、「事業計画書」の発表会がありました。
一年の総決算という事で、「自分達が起業するなら…」というテーマに沿って事業計画という形にしてもらいました。

授業ではマーケティングの基礎をお話するぐらいしかできなかったので、生徒の皆さんはだいぶ苦労していたようです。
それでも、みんな頑張って形にしてくれたな~と思います。

欲を言えばもう少し、突っ込んで考えてもらう時間が取れたらなと。
面白そうなアイディアもありましたからね。

最終課題ということで、これから採点します。
まさか、自分が採点する立場になるとは5年前の自分には想像も付かなかった事ですが。

この場を借りて、みなさんにお礼を言いたいと思います。

人に何かを伝える難しさを教えてくれてありがとう!

何より、


若さ


の素敵さを思い出させてくれてありがとう!

卒業発表、楽しみにしてます。
3/11は何があっても休みます

この授業がいつかどこかで役に立つことを願っています。


にっしー

2006年2月13日

ホームページの原稿作り

ホームページを作るって言うのは、何だろうと最近考えます。
比較的新しい媒体なので、作り方とかも、まだ「これをこうやってあーやって、組み合わせて・・・」という手法というのがまだ確立されていないのではないかと思います。

それでも、うちの会社の目的は、お客さんがWEBで必ず今まで以上の効果を得てもらう、という事ですので、成功の確率が高い方法を、なんとか勘に頼らないでできないかなぁ、と日々考えています。

その中で、いつも一番力を入れるのが、そのサービスや商品をどうやって見せるか、という見せ方です。(←当たり前ですいません)

経験上、色々考えているうちに、結局、「これすごいんだよ!」と主張ばっかりするページになりがちです。
あと、脈絡が無くなってきたりとか。

そういう時に、客観的にアドバイスさせていただくのも弊社の仕事ですが、ご自身でホームページの原稿を考えるときに、こうしたらいいかも、という方法をご紹介します。

なんでこんな方法を使ったらいい、というのかというと、どうしても情報を発信する当事者だと、そのサービスや商品への思い入れが強すぎるから、理路整然とした説明が中心になります。
ユーザーの視点が、時によって分からなくなってきたりします。

じゃ、ユーザーの視点って、何?という時に色々考えていると
「結局、人それぞれだから・・・」みたいに曖昧に終わる事はございませんか?

そんな時、とっても当たり前のやり方を最近試しています。

それは、とっても当たり前ですが、パソコンの前で真っ白なWORDを開いて「さ、原稿を書こう」と思っている状況から原稿を考えるより、きっともう少しだけ簡単に原稿を考える事ができると思います(多分)。

まず、右側にその会社が売っているサービスや商品の特長(これがすごいんだよ!)みたいな事を書きます。
分からないけど、例えば「完全断熱!の家」とか。

そして、左側に、お客さんがそのサービスや商品に求めているであろう事を書きます。
例えば「あったかい家に住みたい」とか。

(ちょっと例が変ですが許して下さい・・・。今、とっても寒いのであったかい家に住みたいです)

そして、その真ん中に、お客さんが「ぴくっ」とくるような言葉はなんだろう、という事を両方見比べながら考えて書いていきます。
なぜ見比べながら書くかというと、一つを考えていると他を忘れてしまうのを防ぐためです(私だけかなぁ)
更に、この時に、「この広告良かったな」という広告とかを参考にチラチラみながら考えるのがベストかと思います。

そして、その出てきた言葉を中心に、原稿を作ります。

その後、出来た原稿をできれば遠慮ない人に、一刀両断にしていただく事をお勧めします(笑)
とっても素朴な事を聞いてくると思うので、それを反映していきます。
「面白くない」「訳分かんない」とまで言ってくれる人がいると理想ですね。

ここで、不要な思い入れを更に分かり易くします。
ずれているポイントも修正します。

ここまで読んで、「なーんだ、面倒だな」と思った方いませんか?
でも、そうやって磨いたホームページが営業マン一人以上の活躍をほっといてもしてくれるんだから、払う価値のある努力だと思いますが、どう、でしょうね。

川向

2006年2月 9日

木曜の部長

社員の猛反発にも関わらず、エスエムティの社員ブログが始まってしまいました。


みなさんこんにちは、こんな寒い時にトリノに行く人の気が知れない
エスエムティの部長です。


巷では、かなーりblogが流行っているみたいですが、
私のように趣味が何もない人間にとっては
苦痛以外の何ものでもないですよ、実際。


何の話題もないし、初回なので
「なぜ私が部長(制作部)か?」

について語りたいと思います。

そもそも部長といっても、私の功績がどうのとか
部下の面倒見が良いとかそういう事が評価されたわけでは全然なく、


ウチの会社は

名刺の肩書きは代表取締以外、自分で好き勝手につけていい


という、
「なんだよそれ、まじ株式会社かよ?ブーブー」みたいな決まりがあります。


ちなみにウチの会社、代表が経営コンサルとかなんとか
硬い仕事してるんですけど、怖いんですよ、がね。
teacher.jpg←コチラ

でも普段怖いのは顔だけで、実はとっても社員には寛容なのです。
飲み会はいっつも無礼講許して下さるし。
ユーモアを解する雇用者ってかなーり貴重だと部長は思うんですが…
と、ヨイショして閑話休題。


だから、極端な話、「スーパープロデューサー」とか
支店もないのに「支店長」とか、はたまた「総書記」とかつけたって
いいわけです。だって代表取締以外なんだから。


でもですね、人間、極端な自由を与えられると怖気づいて
上手に利用できませんし、
変な肩書きにするとお客様に名刺渡した時に
「はぁ?総書記さんですか?」なんてドンビキされたりするのも
自分が恥ずかしいので、無難なものを自ずから選ぶもんなんですね。


というわけで、私はとりあえず部長にしました。


でもですね、なったからには部長なので、周りも
「部長、今お手漉きですか?」などと呼んでくれます。
そんで私は萌え萌えするわけです。

あと田舎の祖母に名刺渡したら、神棚にあげて拝んでました。


ご利益はあったんですね。


友達にも「部長になったの」というと
始めは感心されますが、


「へ~、じゃあ昇給したの?」
「全然」

「役員手当ては?」
「何それ?」

「……」
「……」


「あははは、部長って名ばかりじゃないの」

そうです。
名ばかりの部長ですが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

2006年2月 8日

アロマ加湿器

部長が繊細な方なのでこの時季、加湿器は必需品です。

いや、自分も繊細ですよ、多分。

やっぱり仕事には心地よき環境あってこそですね。
クリエイティブな仕事は特にですよね。モチベーションにも影響します。

自分にとってもエアコンが直に当たる場所に座っているのであるのと無いのでは
全く違います。

加湿器ってのもこれまた大した発明だなあと、世の中いろんなことに
関心し続けるひらりんです。

物事に興味を持つって大事なことですよね。
・・・・まあ、自分の場合は色々と興味を持ち、あれこれ手を出しては
中途半端ってことでもありますが・・・・。

そのうち全て完璧になったらこれまた素晴らしいなあ、なんて。

・・・・前置きが長くなりましたがはじめまして、ひらりんといいます。
今のところのモットーは”広く浅く”です。
時間の流れとともに”広く深く博識に”を目指して日々頑張っております。
決して飽きやすいわけではありません・・・。


冒頭の加湿器の話に戻ります。
その大切な加湿器が壊れたので新しいのを買いました。
なんと・・・・ただの加湿器ではありません


kasituki.gif

Maxcelia
スチーム式アロマ加湿器
MHA-25


なんとアロマ加湿器です!


いや、最近は色々あるもんですねえ。ついこの前までは、
”マイナスイオンを出す○○”なんて流行っていたんですが。

この商品のコンセプトは”うるおいとやすらぎ”とのこと。
うーむ、まさにそんな癒しのイメージが連想できます。

インターネットで調べてみたら、結構、あるもんです。
アロマ加湿器、イオン加湿器、ペットボトル加湿器・・・・いやあ、すごいものです。


もう加湿器一本では売れないのかな?


なんてふと思いました。大した疑問ではありませんが。
使う側としては最初に”加湿”を目的で購入を考えるわけですが、、、
選ぶポイントはやっぱり”オマケ”的な機能になっちゃうんでしょうね~。

でも。

よく考えてみるとそれこそ他の加湿器との差別化なんですよね。
買う側はあんまり意識しないとしても、売る側としては大変な苦労があるものです。
いかにお客様の”かゆい”部分を掻いてあげれるか。

”おっ、加湿の他にこんな機能まであるのか、これは便利だな~、お買い得♪”

と思わせることですよね。情報革命によって技術水準の横並びが進んで、
よっぽどのモノで無い限り、みんな同じスタートラインからヨーイドンですからね。
なので、世の中的にもそんな付属の情報や機能が大事になってきていますよね。

ホームページ制作においても同じです。
競合他社が数百社いるとして、お客様がその中から”この会社に頼もう”
って思う決め手って何でしょうね?

競合他社が多数存在する中で同じ商品を売ろうとする・・・・・・
よっぽど自社製品が抜きん出た物だったらその情報だけ掲載しておけば売れます。
ところが、実際はそんなに秀でた商品なんてないものです。HIT商品なんかは別として。

やっぱり競合他社と自社との違いを明確に打ち出していくことになりますよね。
この場合、売り出したい商品が加湿器にあたります。じゃあ、どうやってお客様を呼び込むか?
購入してもらうか?


商品単体で見れば加湿器のアロマようなオマケ的なものがやはり差別化になります。

ホームページの会社自体として他社とは違うな~と思ってもらうにはやっぱり、
デザインやコンテンツの内容といった事になってきますね。

エスエムティではデザインも出来ます。制作も出来ます。

でもこれまた他の競合さんも同じです。
メインの商品だけでは売れません。

そりゃあ、そのうち日本でホームページ制作といえばエスエムティ
・・・・・だったらお客様から来てくれるので何も必要なさそうなものですが、
まだその過程なもので(笑)

なので、お役立ち情報的なものや制作実績なども一緒に見てもらいます。
ここまででお客様が知りたい内容は網羅されます。

知りたい内容の中でエスエムティが他とは違うなと思っていただくような
制作実績を掲載させて頂いたりコンテンツを日々考え、差別化を図っております。


そして、今回プラスαとしてブログ開設となりました。


今はオマケでしかありませんが更新を続けていくうちにしっかりとした
差別化要因になると思います。
目的としてはどんな人間がホームページを作っているのか知ってもらいたい
ということですね。

そして既存のお客様を含めまだお付き合いの無いお客様との距離もブログを
通して縮めることが出来ればなあと思っております。

単純に雑貨などを買うわけではありませんから、

やっぱりどんな人間が制作しているのかって、気になりますよね?

なんか長々となりましたがこれからよろしくお願いします。
そういえば、折角のアロマ機能を使用してなかったので今度アロマを
こっそり入れてみようと思います。

ただ、アロマの香りも人それぞれ好みが違うからな~・・・・無難に頑張ってみます。

今度は奇抜な除湿機を期待している   ひらりん

2006年2月 7日

こんばんは。
SMTブログの第2回目を担当するにっしーです。

出身は青森県です。そう話すとみなさん「じゃー、仙台の冬は楽勝でしょ?」とおっしゃいます。

が、
いえいえ、寒いものは寒いです。冬は嫌いです。
今朝も雪が降り積もってましたが、ドアを開けた瞬間に3割テンションダウンです。

普段は自転車で通勤しているのですが、今日は歩いて会社まで来ました。
テクテク、テクテク。
そういえば、小学校の国語の教科書に「雪を踏むと片栗粉を踏んでるようだ」とかいう詩が載ってたなと思いながら。

しばらく歩くと向こうから小学生の軍団がやってきます。
なにやら奇声を上げて、雪合戦をしながら。

1個の雪球が僕の前で破裂します。
「すいませーん!」
屈託のない笑顔で。

その時、冬が嫌いになった理由がわかった気がしました。
雪で遊ばなくなったからだ!と。
好きなものは一つでも多いほうがいい。
そのためには、楽しむためのアンテナを張っておくべきだなと。

小学生のおかげで、会社に着いた時にはだいぶテンションも回復しました。
時間を見つけてスノボでも始めてみようかなと思っています。

にっしー

2006年2月 6日

はじめまして

はじめまして。
エスエムティの川向(かわむかい)といいます。
今日から、長年ブログを書いている社長のアドバイスでブログを書く事になりました。

ホームページを作るというお仕事柄、お客様には、「ブログは、続けないならはじめない方がいいですよ」とえらそうな事を話しています。
しかし、実際自分たちが書く段となると、はじめてしまうと止めることができないので、とってもプレッシャーを感じています。
みんな、がんばって続けようね・・・。

このブログは、エスエムティのWEB制作に関わっているスタッフが、日替わりで書いていきます。
内容は自由にしているので、とってもしょーもない事を書くかもしれませんが、それはご愛嬌という事で許してくださいね。

初めての方向けに、エスエムティのご紹介をします。

【エスエムティについて】
エスエムティは、代表がメインの経営コンサルティング部門と、WEB制作部門との二本立てで事業を行っています。

それぞれ単体でのお仕事もあれば、経営コンサルティングの中からニーズとして出てくるホームページ作成を行ったり、逆に我々が作成したホームページを代表に見てもらってアドバイスを貰ったり、という緩やかな連携を行いながら活動しております。

エスエムティ全体としては、
「科学的・実践的マーケティング技術の開発と活用により、企業の経営革新と新たな産業の創出に寄与し、地域経済、地域文化の健全な発展に貢献する。」
という事を目的としています。

「お客様のために!」という事と、「効果の上がる仕組み作りの開発」を念頭において、社内だけでなく、社外のプロフェッショナルなブレーンの方々に力を借りながら日々活動しておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

アーカイブ