エスエムティのサステナビリティ・CSR。

Sustainability

サステナビリティ・CSR

CSR活動
Corporate Social Responsibility

当社では現在、
「地域と共に」「社会貢献活動を持続する」
このテーマを掲げ、CSR活動をおこなっています。

具体的な取り組み

清掃活動の様子

地域清掃活動

定期的に会社近隣を中心に清掃活動を行う予定です。

日頃お世話になっている自分たちの街。
キレイにする事が活動を行う目的ですが、他の効果も。

美化活動そのものや活動中の地域の方々との会話・コミュニケーションなどの活動が地域の犯罪発生率の低下にもつながることが実証されています。

キレイで住みやすい街にするために。ここに住む方々がイキイキとできるような地域社会を目指して活動を続けます。

※現在「仙台まち美化サポータープログラム」に登録申請をしています


不要なペットボトルキャップを回収します

エコキャップ活動

「世界の子供にワクチンを」日本委員会様へ定期的に寄付を行うべく、ペットボトルキャップの回収を行っています。

集めたペットボトルキャップを回収業者渡し、その買取金額の一部が寄付に。
その寄付金は子どもたちへのワクチンへとかわります。

ペットボトルキャップ自体は、プラスチックのリサイクル資源に生まれ変わります。小さな取り組みですが出来ることから実行しています。


エスエムティは献血の協力をします

献血への貢献

宮城県赤十字血液センター様へ定期的な献血の協力をしています。


一部の電灯を消灯しています

環境負荷低減

当社では、下記のような活動を通して環境負荷低減を実行しています。

  • ・電気使用低減
    ⇒ 社内照明の一部を常時消灯
    ⇒ 社内エアコン温度設定28度
  • ・紙使用量の低減
    ⇒ 業務資料のペーパーレス化
    ⇒ 裏紙の再利用
  • ・資源リサイクル
    ⇒ ペットボトルキャップの回収

SDGsへの取り組み
Sustainable Development Goals

エスエムティは SDGsに賛同し、
優しい国際社会の実現に向けて貢献と応援を実行しています。

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。

2015年9月にニューヨーク国連本部にて開かれた「国連持続可能な開発サミット」にて採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。 全ての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指し、上記のイラストにあるように「世界を変えるための17の目標」が掲げられ、「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

当社ではSDGs17の目標の中でも4つを主な目標として貢献しています。

具体的な取り組み

  • 12 つくる責任 つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 15 陸の豊かさも守ろう
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう

ペーパーレス化、廃棄物の発生防止や再利用に取り組んでいます。

廃棄物減、再利用活動の社内促進を行っています

森林資源の有効活用として、当社ではペーパーレス化に積極的に取り組んでいます。また、エコキャップ活動に積極的に取り組み廃棄物減、再利用活動の社内促進を行っています。

  • 12 つくる責任 つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 15 陸の豊かさも守ろう

共生・協業

共生・協業

様々な業界の企業などのステークホルダーと交流し、経験や資源戦略をだしあい、協力しながらSDGs達成に取り組みます。

  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう

持続可能な開発目標 Sustainable Development Goals

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

お問合せ

キャンペーン

pay-per-click