エスエムティ スタッフブログ『エスエムティの愉快な仲間たち』

pay-per-click

Staff blog

エスエムティの愉快な仲間たち

記事担当
しータケ

大事にしていること

こんにちは、しータケです。
昨日の話題、仙台市上空の謎の気球?の話もしたいのですが
結局何かわからないみたいなので別の話題を。

私は通勤中や自宅でよくネットニュースを見ます。
テーマは様々ですが、もっぱらはSEO関連の情報と
ビジネス関連の情報を収集しています。

そんな中、目がとまった記事が。
記事のタイトルは↓みたいな感じです。

『仕事が出来る人はメールはすぐ返信している』

なにを当たり前のことを、と思いつつ記事を読んでみました。

内容としてはざっくり、

・メールを見てすぐ返信しないと、気になって他の仕事に集中できない
・メール送信者が確認してもらえたか気になってヤキモキする
・「確認したよ」程度の一次返信でもした方が良い

こんな感じで、
新入社員や1年目・2年目あたりのフレッシュマン向けの記事でした。

私も『メールはすぐ返信する派』です。
もちろん、すぐ返信できない状況はあるので
100%は出来ませんが、基本的にすぐ返信しています。

多くがお客様とのやり取りなので
すぐ返信するも含めていくつかの自分ルールを決めています。

1.すぐ返信する
2.メールに掛ける時間は1通あたり1~2分(内容が濃くても最大5分)
3.電話で来ても内容の確認メールを送る

これらを設定する背景はあります。
私の場合、一日のメール受信数が時期によりますが
メルマガ等を除いて、通常30~80通位です。
時間のかけすぎると業務に支障をきたすので自分ルールを作りました。

このルールを実行することにより、
記事に書いてあった↓もクリアできるし、

・メール送信者が確認してもらえたか気になってヤキモキする

↓もセットでついてくる

・すぐ内容をFIXすることによりその後のスケジューリングが楽
・並行処理する能力アップのトレーニングになる
・PJ自体の進行を早めることができる
・顧客との信頼関係を強くすることができる
・信頼関係を強く出来れば次に繋がる

メールについての考え方一つで
大きなメリットがあると考えています。

すぐに返信する上で重要なのはコレ↓
『2.メールに掛ける時間は1通あたり1~2分(内容が濃くても最大5分)』

普段から暇しているわけではないので
何かを中断してメールを返信するわけです。

時間をかけてはいけない、かと言って雑であってもいけない。

これが「並行処理する能力アップ」に繋がると思っています。
(所要時間は自分で目標を定めればいいと思う)

社会人が年を追うごとに効率的になっていくのは何故か。
回数をこなすことにより慣れていくからです。
特別なことではなく当たり前のことです。

これを、
実施するチャレンジと得られる効果を意識することにより
更にスピードアップすることが出来ると思います。

ですので、
メールをすぐ返信する恩恵が直接的なものだけではなく、
別の要素まで期待できることを理解して実施することを勧めます。

何をするにしてもそうですが、
その行動だけを見るのではなく視野を広く、
先を見据えて行動するのが大事だと思うしータケでした。

クリックしていただけると幸いです

エスエムティ メンバー紹介

●ひらりん

またの名をりんこ。エスエムティの陰のデザイナーとして君臨。素性がイマイチわからない。

●しータケ

声と足がデカい弊社のドン。人当たりはイイが、黙ってるとオッカナイのはDNAのせいらしい。

●さくサック

「はい、エスエムティのさくサックでございます」と弊社史上初、電話は自ら名乗る 妖怪 妖精系男子。

●ざわシス

社内一、目ヂカラが半端ないエスエムティの営業のホープ。よく忘れ物をして会社に戻ってくる。

●ウラカスミン

ポケモンのヌオーとウパーを足して2で割ったような、見ているだけでホンワカする癒し系女子。

●部長

縦横無尽、天下無敵にみえるキレキャラだが歯が弱く部分入れ歯がトレードマーク。

●ぴのこ

制作部のエース。何年経ってもエスエムティでは永遠の21歳である。

●ばさっち

エスエムティきってのアーティスティックなデザイナー。顔が濃いのでテルマエとも呼ばれている。

●まりりん

アニメ声がカワイイ秋田小町女子。最近エスエムティの女帝と化してきた。

●トサコーン

会社の独特な雰囲気の中でも常にクールでマイペースな草食系?プログラマー。常時サックに憑依されている。

月曜から金曜まで順番に更新します!

http://www.smt-net.co.jp/

旧ブログはこちら


ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

お問合せ・ご相談

スタッフブログ

pay-per-click