エスエムティ スタッフブログ『エスエムティの愉快な仲間たち』

pay-per-click

Staff blog

エスエムティの愉快な仲間たち

記事担当
しータケ

時間の使い方・時間の作り方

こんばんは、しータケです。
WEBディレクターとして案件に関わり、
WEBコンサルタントとしてお客様に携わり
管理者としても会社を見ています。

ここ1年の専らのテーマは
「時間の使い方」と「時間の作り方」です。
対象は自身のみならず会社として見るようにしています。

特に2月以降、
コロナが眼前の危機として出てきてから
強く意識するようになりました。

色々手探りなところもありますが、
トライ&エラーしています。

時間の使い方はマルチタスクを信条としているので
結構うまくやっている気になっていましたが、
ここ1ヶ月「時間の作り方」を工夫してみると
更に効率が上がり、いや様々なことに向き合える時間が増えました。

ある程度年齢も重ねたので、
趣味を含めた自身の全ての行動を取捨選択し始めました。

捨てるのに躊躇するものの、
いざ捨ててみると自身の活動範囲が広がるので
捨てた痛み悲しみよりも喜びのほうが強かったです。

この時間を使って色々チャレンジしていこうと思っています。

しータケでした。

しータケ

記事担当
しータケ

補助金

こんばんは、しータケです。
半沢直樹のシーズン2が最終回を迎えましたね。
数年ぶりにドラマを最初から最後まで見ました。

本で読んでいたので、実は前シーズンは
最終回の土下座しか見ていなかったのですが
周りが面白い面白いというので見てみてら面白かったし
誇張された世界とはいえ、働く身として考えさせられる場面が多かったです。
と、倍返しの話をもっとしたいけど、控えますか。

さて、コロナの脅威がなくなったわけではありませんが、
コロナとの向き合い方が見え始めてきた今、目に見えて企業が動き始めています。
個人的に、コロナを軸に考えれば第3期という印象。

第1期はコロナ禍を前提に動いた企業、
第2期はコロナ後を見据えて動いた企業、
第3期はコロナ後のビジョンが見えてきた企業が動き出している印象です。
(あくまで私への相談ベースの感想です)

今年は多いなと感じるのが、
「小規模事業者持続化補助金」の利用を想定した取り組みです。
以前にHP制作や運用がIT導入補助金の対象だった年に
弊社は支援業者として登録し、補助金申請を代行し、多くのサイトを作成しました。

IT導入補助金はHPが対象ではなくなりましたが、
小規模事業者持続化補助金は変わらずHP制作を対象としています。
今年はコロナ対策(コロナ特別対応型)も加わり、元々あった知名度がさらに伸びた印象。

IT導入補助金を契機に、補助金と助成金に興味が出て
自学して現業務にも生かしているのですが、今年は特に多い。
ここ1・2ヶ月だけで相談ベースだと2桁、実施ベースで片手くらいのPJが順に動いています。

補助金は、まさに企業が前に進もうという意思をサポートしてくれるもの。
審査を通る必要があるので、誰しもが無条件で受けれるものではありませんが
意思と想いと事業計画、展望が描けているのであれば申請しても良いのではないでしょうか。

今回のように有事はいつ訪れるか分かりません。
常にアンテナ貼って、どのような状況に陥っても
前を向ける、進める努力と、情報提供ができるよう自学は続けていきたいと思います。

小規模事業者持続化補助金は第三回の締切は今週末です。
次回第四回は2月5日。
IT導入補助金のように申請代行は出来ない仕組みですが、
情報提供は出来ますのでお気軽にご相談ください。

しータケでした。

しータケ

記事担当
しータケ

計画性と有言実行

こんばんは、しータケです。
SMTは9月から20期を迎え、今年も色々チャレンジしていこうとしています。

今年のテーマの一つとして有言実行は重要だな、と。
色々計画しても、全てを有言実行できないという反省点もあり、
今年はそうならないように努めていきたいと思います。

先を見据えての、無謀ではない、でもチャレンジとなる計画性、
計画したもの、予定しているものは必ず実施するという強い意志、
有言実行をしていきたい。

ただやればよいというものではなく、
自分たちの発言に責任を持って、有限実行しまくり
結果を生み出す1年にしたいと決意しています。


しータケ

記事担当
しータケ

20期を迎えました

こんにちは、しータケです。
私たちエスエムティは、本日より新しい年度を迎えます。
今年は記念すべき20期となります。

毎年、新年度を迎えるために
新しいことへのチャレンジや、昨年度の反省など色々出てくるものですが、
今年はいつも以上に特別な年度となりそうです。

SMT的には昨年度下半期、
コロナ禍の影響で、私たちのみならず
すべての人の生活環境が変わったと思います。

現在もそれは続き、1~2年の間、
状況を睨みながらの生活を強いられるのでしょう。
なかなか人とお会いすることも難しくなりました。

私たちが提供するWebを取り巻く環境も変わって来ています。
世の中で自粛ムードが続いても、
経済はまわす必要があり、企業も立ち止まってはいられない。

そんな中、Webの力が試されているのだと感じています。
人と人とが直接対面しなくても情報を露出できるWebだからこそ
経済はまわす、その一翼を担えるはずです。

今、ECショップや自宅ガジェットのショップなど
特定の業種のニーズが高まりWebが盛り上がっています。

ここ数ヶ月でオンライン会議も一般に浸透し、
接触を持たない顧客獲得が求められています。

現時点では一部の業種が盛り上がっていますが、
各業種・サービス共に準備は始まっています。

まだ見えぬコロナ明けですが、明けてからスタートするでは遅いのです。
良いリスタートを決めるために、今から準備すべきです。

多くの企業が様々な苦境に立たされているとは思いますが、
今厳しいからこそ、将来を見据えて一歩ずつ歩を進めましょう。
私たちエスエムティはその道程を共に歩み、お手伝いさせていただきます。

今年のテーマは“innovation”。
新しいことにチャレンジし、新しいことを提供していまいります。

しータケ

記事担当
しータケ

認識を変えよう

こんばんは、しータケです。
この業界にきて約10年です。

駆け出しディレクターの頃は、
まだHPが当たり前の時代にまではなっておらず
365日24時間営業できる営業マンになるから!
なんて話をよく耳にしました。

当時は企業がHPを立ち上げる際、『どんなデザインで展開するか』が
お客様の一番上位の要望として上がっていることが多かったです。


10年経過してどうか。
今もヒアリング時点では要望については変化を感じることはできません。


しかし、取り巻く環境は変わってきています。
今やHPがあることが大前提です。(自社も競合他社も)
その前提にプランニングする必要があります。

弊社の考え方は当時から変わっておりませんが、
デザインの前に戦略を立てることがより大事になってきていると考えています。
10年でよりその気配が強くなった感じです。

HPを使って何を求めるか、求められるか。
どう訴求できるのか、競合他社と比較してどうなのか。

きれいなデザインも大事ではあるのですが、
まず根底に中長期的な将来を見据えたマーケティングが
なされなければHPを活かすことはできません。

既存ユーザーがいれば分析を行い、市場調査を行い、
ペルソナを設定して予測をする。
ターゲティング、訴求力、ゴール設定…etcetc
デザインの前にやらなければいけないことは山程あります。


デザインとはそういった細かい設定や設計の上に成り立つものです。


駆け出しディレクターの頃から
デザイン優先で考えられているお客様には申し上げてきましたが
まず土台となる計画があって初めてデザインが活きてくる。

HPとは広告であり投資でもあります。
費用対効果を期待できないのであれば
制作自体を考え直したほうが良いまであります。
(もちろんHPの目的にもよりますが、一般的な営利企業であれば)

これは企業の大小ではないと思っています。
HPを活用するすべての企業が理解をするべき項目で、
縁あって関わったお客様には声を大にして言いたいです。

私たちは、提案の際マーケティングを重視してスタートします。
その上で、その回答となるデザインを提案します。

気に入るデザイン、きれいなデザインを早々に希望されるお気持ちは
痛いほど理解できます。
でも一度、私たちが提案する計画を聞いてください。

その上で、気にいるデザイン、きれいなデザインを提案します。
SMTのデザイナーは多種多様なデザインを提案することができますので
必ずやご満足いただけるものを提供できます。

是非、HPの制作・リニューアルはSMTにお任せください。
お問い合わせをお待ちしております。


しータケでした。

クリックしていただけると幸いです

エスエムティ メンバー紹介

●ひらりん

またの名をりんこ。エスエムティの陰のデザイナーとして君臨。素性がイマイチわからない。

●しータケ

声と足がデカい弊社のドン。人当たりはイイが、黙ってるとオッカナイのはDNAのせいらしい。

●さくサック

「はい、エスエムティのさくサックでございます」と弊社史上初、電話は自ら名乗る 妖怪 妖精系男子。

●ざわシス

社内一、目ヂカラが半端ないエスエムティの営業のホープ。よく忘れ物をして会社に戻ってくる。

●ウラカスミン

ポケモンのヌオーとウパーを足して2で割ったような、見ているだけでホンワカする癒し系女子。

●部長

縦横無尽、天下無敵にみえるキレキャラだが歯が弱く部分入れ歯がトレードマーク。

●ぴのこ

制作部のエース。何年経ってもエスエムティでは永遠の21歳である。

●ばさっち

エスエムティきってのアーティスティックなデザイナー。顔が濃いのでテルマエとも呼ばれている。

●まりりん

アニメ声がカワイイ秋田小町女子。最近エスエムティの女帝と化してきた。

●トサコーン

会社の独特な雰囲気の中でも常にクールでマイペースな草食系?プログラマー。常時サックに憑依されている。

月曜から金曜まで順番に更新します!

http://www.smt-net.co.jp/

旧ブログはこちら


ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

お問合せ・ご相談

スタッフブログ

pay-per-click