ホームページ制作会社エスエムティのスタッフブログ

Staff blog

エスエムティの愉快な仲間たち

記事担当
しータケ

続・小規模事業者持続化補助金2021

こんばんは、しータケです。
これまで小規模事業者持続化補助金の話を続けていましたが、
この時期は『うちは補助金使えますか?』という相談が多いので
補助対象者として定められている要件を記載します。

(小規模事業者持続化補助金 公式HPより抜粋)

◆補助対象者

商工会議所の管轄地域内で事業を営んでいる「小規模事業者」 及び、一定の要件を満たした特定非営利活動法人 ▼小規模事業者の定義 :商業・サービス業(宿泊・娯楽業除く)  …常時使用する従業員の数 5人以下 :サービス業のうち宿泊業・娯楽業  …常時使用する従業員の数 20人以下 :製造業その他  …常時使用する従業員の数 20人以下 相談前に確認しておきましょう。 近々、小規模事業者持続化補助金を始めとして HP制作に使える補助金をまとめますのでお楽しみに。 しータケでした。 しータケ

記事担当
しータケ

小規模事業者持続化補助金2021

こんばんは、しータケです。
少し前の話なのでご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、
小規模事業者持続化補助金の情報が更新されました。

2020年度に引き続き、第5~8回の掲載が追加されました。
「事業再開枠」ではなく「一般型」です。
手続きの期限等は以下のとおりです。

◆小規模事業者持続化補助金 手続きの期限

第5回受付締切:2021年6月4日(金) 【実施期間】2022年3月31日(木)まで ・第6回受付締切:2021年10月1日(金) 【実施期間】2022年7月31日(日)まで ・第7回受付締切:2022年2月4日(金) 【実施期間】2022年11月30日(水)まで ・第8回受付締切:後日決定 やはり注目は『第5回』です。 枠と予算の都合から、早ければ早い回ほど通過率が高いと言われています。 検討されているからは早め早めのアクションをおすすめします。 しータケでした。 しータケ

記事担当
しータケ

4月より消費税込価格表示の義務化

こんばんは、しータケです。
すでに皆さんは準備していると思いますが、
ご存知の通り、4月より消費税込価格表示が義務化となります。

遡れば総額表示の義務化は2004年がスタートとなるのですが、
2度の消費税増税があったため、
特例措置として税抜価格での表示も認められていました。
それも今月末までです。

それではどの表示までが認められるか復習しましょう。
例)税抜価格:15,000円の場合

▼これはOK!

・16,500円 ・16,500円(税込) ・15,000円(税込価格16,500円) ・16,500円(税抜価格15,000円) ・16,500円(税別価格15,000円) ・16,500円(うち税1,500円) 要は税込価格が表示されていればよいのだ。

▼う~んNG!

・15,000円(税別) ・15,000円(税抜) ・15,000円+税 ・15,000円(本体価格) ざっとこんなところでしょうか。 抜けがちな条件として、 「不特定多数に対する値札・価格表示・広告などが対象」であるということ。 ということは、例えば、 製造業・卸売業者が業務用に作成した商品カタログは対象外になります。 あと気になるのが飲食店。 飲食店は軽減税率があるから更に大変ですね。 今のご時世、テイクアウトが増えているし影響が大きいでしょう。 さてさて、 HPはしっかり対象なので、まだ何も動いていない場合は急ぎ対応しましょう。 4月1日に変わっていなければ罰則どうこうとはなっていませんので 無理なくしっかり進めましょうね。 しータケでした。 しータケ

記事担当
しータケ

IT導入補助金2021

こんにちは、しータケです。
先日、来年度のIT導入補助金の公募要領が公開されました。

以下より確認できるので
検討されている方はご確認ください。

・IT導入補助金2021:交付規程・公募要領(暫定版)

■確認できる内容

1) 交付申請には「GビズID」が必要です。 GビズIDの事前取得について案内されているので早めに取得してください。 2) 以下が閲覧できます。 ・交付規程 通常枠(A・B類型)版(暫定版) ・公募要領 通常枠(A・B類型)版(暫定版) ・交付規程 低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D類型) ・公募要領 低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D類型) ・スケジュール予定 是非、ご確認を! しータケ

記事担当
しータケ

IT導入補助金2021(仮称)【令和2年度3次補正】の詳細

こんばんは、しータケです。
次年度のIT導入補助金についての公表がされました。

新しい特別枠について明言されたので詳細を記載します。


◆IT導入補助金2021(仮称)【令和2年度3次補正】特別枠

新型コロナウイルス感染症が事業環境に影響を及ぼす中、 事業の非対面化・非接触型への転換に資する複数のプロセスに対応した ツールの導入に係る支援等の前向きな投資を支援するため、 【特別枠】を次の通り見直し。

【新特別枠類型①(連携類型(仮称))】

・補助額:30~450万円 ・補助率:2/3 ①導入するITツールが非対面・非接触に資することであること ②業務プロセスが2プロセス以上含まれるITツールを導入すること ③導入したITツールが業務プロセス間において連携し、業務上の情報の共有が行われることで、複数の業務工程が広範囲に非対面化、DX化されること

【新特別枠類型②(テレワーク類型(仮称))】

・補助額:30~150万円 ・補助率:2/3 ①②連携類型と同じ ③導入するITツールがクラウドに対応していること 2021年の新特別枠類型①は、2020年よりハードルが上がっています。 2020年も特殊な要件でしたが、昨年一年の情勢を反映した内容になっています。 詳細情報は追って記載していきます。 しータケでした。 しータケ

クリックしていただけると幸いです

http://www.smt-net.co.jp/


ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

お問合せ・ご相談

キャンペーン実施中

pay-per-click