エスエムティ スタッフブログ『エスエムティの愉快な仲間たち』

pay-per-click

Staff blog

エスエムティの愉快な仲間たち

記事担当
しータケ

COCOA

こんばんは、しータケです。
先週、ひらりんからカブトムシのARを教えてもらい
早速週末に子どもたちに見せたところ、
見事にスマホが手の脂とよだれだらけにされました。

さて、話は変わって「接触確認アプリCOCOA」。
リリースされてから1ヶ月半近くが経過しています。
皆さんインストールしました?

弊社は全員がインストールしています。
本日時点でインストール済が1,099万件(厚生労働省サイト)だそうです。
発表時に「人口6割」が目標みたいな言われ方をしていましたが、それにはまだまだ遠い道のりなのでしょう。

ただ見方を変えれば、一つのアプリとして考えるのであれば
1ヶ月強で1,000万DLってなかなかすごいことになります。

今回は有事であり、国民の安全を守るという重要なポイントがあるので
6割という言葉が先行していますが、色々調べてみるとそうは言ってなかった。
6割を達成できない場合は意味がないのかというとそうではないでしょう。
例えば、COCOAがリリースされ周知されることによりDLした人口分は
考え方や行動に影響を与えているという二次的要素も見込まれます。

日々ニュースで陽性患者数が発表され増えているのでやきもきしてしまいますが、
COCOAの問題点は、その有用性と機能が正しく伝わっていないことだと考えます。

ニュースで見る限りは、
行動を監視されているから嫌だ、などの該当インタビューが散見されますが、
ここは強く否定しても良いと思う。

恐らく広く年代問わずスマートフォンが普及したことにより、
また小さな頃から当たり前にスマートフォンがあったことによる弊害で
利用者のITリテラシーが低いのが問題なのでしょう。

いわゆるビッグデータは一切記録されないし監視されているわけではないのです。

この点を理解するのであれば
自分のみならず、家族や大切な人を守るためには入れておいたほうが良いと思う気もするのですがどうですかね?

6割がインストールしなくても、
X軸が長めの成長曲線(ゴンペルツ曲線とかロジスティック曲線)みたいな感じで
成果がでてくるのではないかと希望的観測を持っています。
理系出身ですが、20年ぶりに曲線の名前を思い出しました。

8月に入りいつもとは違った夏休みを迎える方も多いのでしょう。
罹患しないためにも、広げないためにもまだの方には
監視されているわけではないからまず入れてみることを勧めたい。

しータケでした。

記事担当
しータケ

変わりゆくGoogleサービス

こんにちは。しータケです。
昨日、米GoogleがGmailのリノベーションを発表しました。

Gmailと言えば、身近なツールとして利用している方も多いでしょう。

コロナ禍の影響で日本のみならず、世界的なテレワーク化もあり
よく聞くZOOMやMicrosoftのTeamsのようにGoogleのMeetも
シェアを爆発的に伸ばしています。

刷新の背景としてはこのような点も要因となり
Gsuiteにおける各機能の統合を目指すようです。

メール、タスク管理、チャット、ビデオ通話が統合され、
単独アプリケーションになっていたスマートフォン(Android、iOS)も
もちろん統合されるようです。
スマホアプリケーションでは、Mail・Chat・Rooms・Meetと
表示されるようですよ。

RoomsはハングアウトとかSlackのようなものでしょうか。

その他、タスク管理もプライオリティの設定、
ステータスの設定などが行えるようですね。

PC版アプリではほぼ同等のことができたいたので
モバイル環境用の刷新というのが主なところだと感じています。

これにより、Googleの提供サービスは
より個からチームへのシフトを感じさせます。
チームウェアとしての利用が期待されているのでしょう。

私のスマホはほぼ9割がた仕事でしか使用しないので
便利になり効率化が図れるの出れば大歓迎なので期待したいところです。

ただ、個人利用とチーム利用の境界が曖昧になるので
嫌がるユーザーも一定数いそうですね。

どうなることやら。しータケでした。

記事担当
しータケ

顔認証

こんばんは、しータケです。
コロナの第二波かと思われる状況になって数日ですが、
電車通勤が少し怖くなってきたところです。

ここ数ヶ月店舗にほとんど行っていないので実際はどうかわかりませんが、
首都圏では結構な店が店頭にサーマルカメラを入れて体温チェックをしているようです。

これらがどれくらいの精度と効果があるのか正直わかりませんが、
情報をビッグデータ化出来ると更に効果が高まるのだろうなんて思っていました。

当然、ビッグデータ化するにはサーマルカメラだけでは不可能で、
何かしらの認証機能が必要です。相性が良さそうなのは顔認証か。

顔認証とサーマルカメラでビッグデータ化は図れるか。
このあたりの技術は中国が一歩、二歩先に行っている気がします。
実際に実装し始めているようです。

日本ではプライバシーの問題が発生するので
技術的に可能だとしても導入は無理でしょう。

法も違えばお国柄、考え方も違う。
ガチガチに国民を管理する体制前提の話になりますね。
やっぱり反発やら小競り合いはおきているようで。

レインボブリッジや都庁を赤く光らせる意味が理解できなかった一方、
全力でなんとかしてやろうという気持ちは伝わってきます。
もちろんそこまで管理されるのは嫌なんですけどね。

日本でも新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) が出ました。
皆さんいれましたか?
不具合もありましたが、iOS版は6/30に、
Android版は7/1にアップデートされたようです。

まだの方は更新したほうが良いですね。
やれることをやって積み重ねるのが大事ですから。

ただ一点使っていて思うのが、
仙台にいると、正しく機能しているかがわからないので
接触なしと出てもまだなんとも半信半疑なところもあり…

はやく気兼ねなくラーメン屋に行ける日が来ることを望んでいます。
しータケでした。

記事担当
しータケ

大事にしていること

こんにちは、しータケです。
昨日の話題、仙台市上空の謎の気球?の話もしたいのですが
結局何かわからないみたいなので別の話題を。

私は通勤中や自宅でよくネットニュースを見ます。
テーマは様々ですが、もっぱらはSEO関連の情報と
ビジネス関連の情報を収集しています。

そんな中、目がとまった記事が。
記事のタイトルは↓みたいな感じです。

『仕事が出来る人はメールはすぐ返信している』

なにを当たり前のことを、と思いつつ記事を読んでみました。

内容としてはざっくり、

・メールを見てすぐ返信しないと、気になって他の仕事に集中できない
・メール送信者が確認してもらえたか気になってヤキモキする
・「確認したよ」程度の一次返信でもした方が良い

こんな感じで、
新入社員や1年目・2年目あたりのフレッシュマン向けの記事でした。

私も『メールはすぐ返信する派』です。
もちろん、すぐ返信できない状況はあるので
100%は出来ませんが、基本的にすぐ返信しています。

多くがお客様とのやり取りなので
すぐ返信するも含めていくつかの自分ルールを決めています。

1.すぐ返信する
2.メールに掛ける時間は1通あたり1~2分(内容が濃くても最大5分)
3.電話で来ても内容の確認メールを送る

これらを設定する背景はあります。
私の場合、一日のメール受信数が時期によりますが
メルマガ等を除いて、通常30~80通位です。
時間のかけすぎると業務に支障をきたすので自分ルールを作りました。

このルールを実行することにより、
記事に書いてあった↓もクリアできるし、

・メール送信者が確認してもらえたか気になってヤキモキする

↓もセットでついてくる

・すぐ内容をFIXすることによりその後のスケジューリングが楽
・並行処理する能力アップのトレーニングになる
・PJ自体の進行を早めることができる
・顧客との信頼関係を強くすることができる
・信頼関係を強く出来れば次に繋がる

メールについての考え方一つで
大きなメリットがあると考えています。

すぐに返信する上で重要なのはコレ↓
『2.メールに掛ける時間は1通あたり1~2分(内容が濃くても最大5分)』

普段から暇しているわけではないので
何かを中断してメールを返信するわけです。

時間をかけてはいけない、かと言って雑であってもいけない。

これが「並行処理する能力アップ」に繋がると思っています。
(所要時間は自分で目標を定めればいいと思う)

社会人が年を追うごとに効率的になっていくのは何故か。
回数をこなすことにより慣れていくからです。
特別なことではなく当たり前のことです。

これを、
実施するチャレンジと得られる効果を意識することにより
更にスピードアップすることが出来ると思います。

ですので、
メールをすぐ返信する恩恵が直接的なものだけではなく、
別の要素まで期待できることを理解して実施することを勧めます。

何をするにしてもそうですが、
その行動だけを見るのではなく視野を広く、
先を見据えて行動するのが大事だと思うしータケでした。

記事担当
しータケ

続・イノベーション

こんにちは、しータケです。
前回「イノベーションを」を書いていましたが
Withコロナ、近くに実践している飲食店がありました。
どんなことをしていたのか紹介します。

ふと、会社のポストにポスティングチラシが入っていました。
チラシの主は近くの飲食店。徒歩圏内です。

チラシを見ると
「テイクアウト」と「デリバリー」を始めたという内容です。
そこには1つのQRコードが…

そう、ただのチラシではなく、
ネットで申し込めますよという内容です。

早速拝見したところ、おそらく自作かなと感じましたが
ショッピングカートを利用した簡素な作りのサイトでした。

決済方法は、代引きオンリー。
テイクアウトの場合はお店で支払い、
デリバリーは自宅で支払いとなります。

クレカ、なんとかpayがないのは、これらは決済方法として利用するには
申請と許可に時間が1ヶ月ほどかかるのでやっていないのでしょう。

少なくともコロナ以前はやっていなかったので
コロナ禍を受けてこのようなサービスを早急に立ち上げたのだと思います。

サイトは本当に簡単な作りで
用意されたテンプレートを利用し、メニューと金額を表示しているだけ。
普通のネットショップなら敬遠されるでしょう作りです。
さらに言えば、ドメインも取得されていない。
初期提供のサブドメインなのでほぼ通常検索にも表示されません。

私が思うにこの肝は以下だと思います。

1.近くのお店だけにしか撒かないので既知の可能性も有り簡単で良い
2.ポスティングだから配達できる範囲、買いにこれる範囲だけに撒ける
3.ネットの検索にも関わらないので遠方からは受けなくて済む
4.コロナ禍が落ち着いたらやめられる、もしくは拡張もできる
 
エリアを限定し、閲覧ユーザーを特定できる範囲に絞ることで
簡素化できる部分を大きく省略しスピード優先で提供できたのだと思います。

もちろんお店にも置いておけば、
常連さんは利用してくれるかもしれませんし、
上記ポイントも押さえています。

試行錯誤の跡が見えました。
コロナ禍後は、是非SMTで拡張させてほしいですね。

近く行ってみようと思います。


しータケでした。

クリックしていただけると幸いです

エスエムティ メンバー紹介

●ひらりん

またの名をりんこ。エスエムティの陰のデザイナーとして君臨。素性がイマイチわからない。

●しータケ

声と足がデカい弊社のドン。人当たりはイイが、黙ってるとオッカナイのはDNAのせいらしい。

●さくサック

「はい、エスエムティのさくサックでございます」と弊社史上初、電話は自ら名乗る 妖怪 妖精系男子。

●ざわシス

社内一、目ヂカラが半端ないエスエムティの営業のホープ。よく忘れ物をして会社に戻ってくる。

●ウラカスミン

ポケモンのヌオーとウパーを足して2で割ったような、見ているだけでホンワカする癒し系女子。

●部長

縦横無尽、天下無敵にみえるキレキャラだが歯が弱く部分入れ歯がトレードマーク。

●ぴのこ

制作部のエース。何年経ってもエスエムティでは永遠の21歳である。

●ばさっち

エスエムティきってのアーティスティックなデザイナー。顔が濃いのでテルマエとも呼ばれている。

●まりりん

アニメ声がカワイイ秋田小町女子。最近エスエムティの女帝と化してきた。

●トサコーン

会社の独特な雰囲気の中でも常にクールでマイペースな草食系?プログラマー。常時サックに憑依されている。

月曜から金曜まで順番に更新します!

http://www.smt-net.co.jp/

旧ブログはこちら


ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

お問合せ・ご相談

スタッフブログ

pay-per-click